サイト概要

医療費
「ニッポンの医療費モンダイ」へようこそ。
私は今大学に通っている学生です。

医療費について疑問を抱いたことがきかっけで、意外と医療費は複雑なのだということを知りました。このサイトではそんな大学生の私が勝手に日本の医療費についてあれこれ調べてみたので、それに対して発表させてもらいたいと思います。

医療費について詳しいことが知りたい人、医療費のことがあまりわからない人は、ぜひ私が調べた医療費についての情報を参考にしてください。ところで、私が医療費に興味を持ったキッカケは実は私の人生体験から来ています。
小さいころから病弱でこれまでに何度となく病院へ行きましたし、両親には医療費の面で小さいころからかなり苦労をかけたのではないかと思っています。

医療費とは

医療費って複雑ですよね。医療費に関しての教科書的な情報とか、医療費の用語の解説もしていきたいと思います。
用語が全然わからなくて私も苦労したものです。それから、今の日本の医療費は、高いのか安いのか、それを疑問に思ったことはないですか?
私は疑問に思ったことが何度もありますね。ほかの国に比べると医療費はどうなんだろうって。みんなが気になっているような医療費問題についても取り上げていきたいなと思っています。

健康保険とは

日本の医療費については詳しく詳細をこれから見ていくのですが、医療費というのは、1つではなくて、初診料、再診料、特別料金、検査料、注射料などの内訳があるんですよね。
そして私たちは日本にいる限りは健康保険があるので、被用者保険と国民健康保険があって、医療費の負担率はだいたい3割程度で済んでいるので、1000円医療費がかかった場合、300円ちょっとの負担でいいわけです。
これはありがたい制度なのかなあ。
ほかの国では、全額自己負担のところもありますし、逆に全額国が負担してくれるので医療費がかからない国もありますよ。日本は1割負担または3割負担が多いですね。

高額療養費とは

それから医療費の中には、高額療養費というものがあって、病院で支払うお金を一定額以下にとどめることができる制度があるので、めちゃくちゃ高くて支払うことができないということはなさそうです。

限度額適用認定証とは

限度額適用認定証を持っていて、限度額を明示すれば支払いはその限度額の中で済むようにしてもらえる仕組みもあります。

医療費控除とは

また医療費控除といって税金の還付が受けられる制度も日本にはありますので、これからこの辺のことを詳しく紹介していきますね。

一学生である私が勝手に日本の医療費に関することを調べていきます。