限度額適用認定証とは

限度額適用認定証についてここでは詳しく見ていきましょう。
この制度を利用すれば医療費の窓口負担が10万円くらい安くなるかもしれません。

医療費の裏技

限度額適用認定証は医療費の裏技的存在です。
病院で受診をする際は健康保険を見せますが、健康保険証というのは自分が加入している健康保険を証明するためのものです。
医療機関では保険証を見て、患者が入っている健康保険を確認したうえで、診察や治療にかかった医療費を、その組合に請求しています。

自分が負担する医療費が3割でいいのは、組合などが支払ってくれているからであり、健康保険証があるおかげで3割負担で済んでいるのです。
健康保険証を持っていないで医療機関にかかると、医療機関はどこにその請求をすればいいのかわかりませんから、10割負担、つまり全額自己負担をしなければいけないという流れです。

保険証は医療費の負担を減らすためには必須です。
そしてこの健康保険証以外に、長期療養を受ける人、大病をして医療費が高くなってしまった人は窓口での医療費を抑えることができる制度があるのです。
その制度を受けるために必要な健康保険証のような働きをしているのが限度額適用認定証です。

病院、診療所の窓口で実際に負担する割合というのは人によって違います。
年齢によって違う設定で、70歳未満の人は3割負担ですが、70歳以上になると1割負担になります。
健康であまり病院にかかることがない人は医療費を支払うことが少ないですから、それほど負担にならないかもしれませんが、何か病気を抱えていて、長期療養をしている人にとっては、3割負担で済むといってもその額がとても大きいので、かなりの金額になります。

その場合医療費がいくら沢山かかってしまったとしても、患者さんの負担が極端に増えることがないように、健康保険の制度の中に高額療養費制度という制度があります。
これは1ヶ月に自己負担する額に上限が設定されているのです。
3つの区分で上限額が決まっていて一般、上位所得者、低所得者に分けられています。

この区分によって上限額の計算方法が違っており、一般なら自己負担限度額は8万100円に医療費から26万7000円を引いたものの1割です。
上位所得者なら15万円に医療費から50万円を引いたものを足したものの1割です。低所得者は自己負担限度額が1ヶ月3万5400円に設定されています。限度額認定証によってこの限度額が適用されるのです。

一学生である私が勝手に日本の医療費に関することを調べていきます。