取得するには

限度額適用認定証を持っていれば、高額治療費になった場合でも自己負担を限度額内にとどめることができますが、この限度額適用認定証の取得はどうすればいいのでしょうか。事前に限度額適用認定証の申請をしておけば交付されますので、保険証のように持ち歩くことで、限度額の適用がその場でされますので窓口で負担する額を負担限度額内にすることが可能です。窓口でこれまでは多額の現金を、後で支給されるとは言っても立て替えなくてはいけませんでしたが、その必要がなくなるのです。この限度額適用認定証は誰でも持てるわけではありませんので、対象があります。対象となるのは70歳未満の被保険者、または、被扶養者で医療費がこれから先高額になると見込まれている人が対象ですから、誰でも利用することができるというわけではないのです。

手続きの流れとしては、限度額適用認定証の申請書を健康保険に提出するだけです。健康保険限度額適用認定申請書という名前でインターネットなどでも最近はダウンロードしてプリントアウトし、使うことができますので、自宅にいながらにしてこの申請書を取り寄せることができます。取得後は、被保険者は医療機関で保険証と一緒に、取得した限度額適用認定証を見せれば、保険診療分で自己負担の限度額の範囲までの支払いをすることができるので負担がかなり軽くなります。被保険者は70歳になったら返さなくてはいけませんし使うことができなくなります。所得の変動によってその自己負担額の金額が違いますので、そのつど申請しなければいけません。有効期限が設定されていますし、認定証は自動的に更新されるものではありませんので、有効期限に達している場合、保険証の記号や番号が変わった場合、認定証が必要な場合には再度申請手続きをしなければいけませんので注意しましょう。

入院、外来診察中の人や入院、外来で診察を受ける予定がある人は、申請書を郵送または窓口に提出すれば申請できますので、事前に余裕を持って用意しておけば、窓口で立て替える必要がないのでお金の心配をしなくてもいいでしょう。

一学生である私が勝手に日本の医療費に関することを調べていきます。