医療費とは

医療費
それでは具体的に医療費の仕組みについてみていきましょう。

医療費とは、医療サービスを受けた際に支払うお金のことですが、医療費は自己負担の割合があり、3歳未満は2割、3歳から69歳は3割、そして70歳以上は1割となっています。

年齢を重ねるほど膨らむ医療費

人が一生涯に支払う医療費の半分は、実は70歳以降に支払うといわれています。
医療費を少しでも節約したいと思っている人は健康に気をつけた生活をしていれば医療機関のお世話になることもありませんし、医療費を支払うこともありません。

1人の人が一生で必要な医療費はなんと2200万円という額が出ているのですがその半分の1100万円が70歳以降に使うのだそうですから、健康を一日でも維持して、少しでも医療費を支払わなくてもいいようにしたいですね。

診察を医療機関で受けるとかかってくる医療費というのは、病院の規模によってそれぞれ役割が決まっていますし料金も違いがあります。

初診料、再診料、これは最初に医療機関にかかって診察を受けると必要になる診察料を初診料といいます。
このお金の中には体温を測ったり血圧を測ったり簡単な検査のお金も入っていて、診療所と病院ではお金の計算が違ってきます。
同じ病気で一緒の医療機関を再度受けた場合には診察料は再診料になります。
電話で治療に関する指示を受けた場合も再診料は必要です。

気をつけたい特別料金

診察料金のほかに特別料金を支払うこともあります。
これは医師の紹介状を持っていない人が、病床数200床以上の病院を受診すると初診料と別に請求されます。

検査料、これは血液検査、尿検査などの検査と心電図や胃カメラといった生体検査の2つの種類があり、それぞれの検査の項目によっても値段が違ってきますし、検査をするだけなら検査実施料となり、検査の診断をすると検査診断料となります。
使った薬、材料のお金、検体を取るための技術料などすべて含まれて検査料として設定されています。

そして注射料、これは外来なら注射をする薬と、注射を打つという技術料を含めたお金です。
そして皮下注射、筋肉内注射と、静脈注射はそれぞれ技術料が違っています。点滴を受けることもありますが、点滴も注射料に含まれています。主に日本の医療費というのはこれらの内訳で請求されているのです。

一学生である私が勝手に日本の医療費に関することを調べていきます。