健康保険とは

健康保険は日本の医療制度です。
病気をしたり怪我をして病院に行く際には健康保険証が必要です。
日本は国民全員が性別も年齢も関係なく、公的健康保険に加入することは義務化されているのです。公的な健康保険といっても種類があり、被用者保険と国民健康保険の2種類あります。

被用者保険の種類

被用者保険、これは会社員やOLなどが入る健康保険、船員のための船員保険、公務員、私学の職員の入る共済保険といった種類があります。
健康保険と広く言う場合には被用者保険のことを意味していることが多く、国民健康保険は、国保と呼ばれていることが大半ですので、知っておくと違いがわかって便利ですね。

被用者保険は健康保険に入っている本人以外にも被扶養者として、その本人が扶養している家族なども保険を受けられる仕組みです。
ですが、60歳以上の人、一定の障害がある人は年収180万円以上でそれ以外の一般人は130万円以上年収があると被扶養者になれないので、夫の扶養家族に限度が妻のパートの上限が130万円ということを聞いたことがあると思いますが、これは被保険者として個人で健康保険に入らなくてもいい限度額のことだったんですね。

扶養家族にならない場合

もし奥さんが130万円以上年収があるのなら、被保険者として自分で健康保険に入らないといけないというわけです。
費用保険、国民健康保険、どちらも医療費の負担率は、基本的には3割です。
国民健康保険は少し被用者保険と違っていて、本人と家族が加入しますが、被扶養者制度はありませんから加入者1人1人が被保険者になっています。

ですから奥さんの年収など関係ないことになりますし、子供も扶養ではなく被保険者の扱いです。もし世帯の家族が一緒に暮らしていなくて遠くで生活をしている場合には保険証の発行を別々にしてもらうことができるのも特徴です。

厚生年金の加入だった人でもう年金を受け取っている75歳未満の人も国民健康保険には加入することができるという仕組みになっています。
国民健康保険は会社員、公務員、船員以外で自営業を営んでいる人が基本的には入る健康保険です。
また、親の扶養から外れてフリーターをしている人などももちろん対象です。このように、日本の健康保険は2つの種類がありますので、それぞれの仕組みをよく理解しておいたほうがいいですね。

一学生である私が勝手に日本の医療費に関することを調べていきます。