健康保険の任意継続

健康保険任意継続制度とは何か

健康保険任意継続制度とは、会社を退職したあともその健康保険組合の会員で居続けることができるというものです。

通常の場合、それまで勤務してきた会社を辞めるとその雇用契約が切れると同時に保険の加入も解約となってしまうので、新たに国民健康保険ないしは別の協会による健康保険に加入しなくてはいけません。

しかしこの任意継続制度を利用をすることで、新たに健康保険証の切替をしなくてもそのまま使い続けることができます。

ただし誰でも任意継続ができるというわけではなく「資格喪失日の前日までに2ヶ月以上の加入期間がある」「資格喪失日から20日以内に『任意継続被保険者資格取得申出書』を提出している」という2つの条件を満たしているときに利用ができます。

任意継続被保険者となると、退職などによってその会社から離れても保険証の使用とそれに付随する補償を継続して受けることができるようになります。

急な失職ではなくあらかじめ退職する日付がはっきりわかっているときにはそうした事前手続を忘れないようにしておきましょう。

保険料の請求に注意

任意継続被保険者となるメリットは、国民健康保険よりも保険料を安くおさえることができやすいということです。

国民健康保険の場合、収入に応じて保険料が変動し在職中に高額の年収出会った人などはかなりの金額を保険料として徴収されてしまいます。

協会の健康保険の場合には加入者の年収や病気管理が一般の人よりもきちんとしていることもあり、全体的に保険料は安く設定してあることが多くなっています。

任意継続被保険者となってからも同じように保険料を支払っていかなくてはいけないのですが、このときのタイミングによっては保険料が2ヶ月分となってしまいます。

例えば退職をしたのが20日付けであった場合、資格喪失をしてから再び加入をすることになるので、申込をしてから最初に支払う保険料は辞めた月の分(実質21~月末までの10日間のみ)と翌月分からとなるのですが、これはまるまる2ヶ月分として請求されます。

これは制度のため仕方のないことのようですが、いきなり高額の初回請求が来てびっくりしないよう当前に入れておいてください。

一学生である私が勝手に日本の医療費に関することを調べていきます。