紛失時の対処方法

保険証の紛失したときに最初にすること

健康保険に加入したときには保険証が発行されますが、これは診療を受けるときだけでなく身分証としても広い場面で機能をします。

ですのでもし何かのはずみで紛失をしてしまった場合などには、早めに必要な手続きをしておかなくてはいけません。

健康保険証には大事な個人情報が記載されているので、それを悪用されてしまうとあとで見に覚えのない請求を受けてしまったり、思わぬトラブルに巻き込まれてしまったりします。

そのためにはまず自分が今加入している健康保険の種類をしっかりと把握しておくとともに、万が一のときにはどこに連絡をすればいいかということをしっかりメモしておくようにしましょう。

健康保険の主な種類としては、まず自分で保険料を支払って加入する「国民健康保険」、会社員としてどこかの企業に勤務しているときに配布される「保険組合」や「協会けんぽ」、公務員として勤務をされている方なら「共済保険」という名称になっているはずです。

保険証には必ず連絡先が記載をされているので、その電話番号などを保険証の保管場所とは違うところに記録をしておくようにしましょう。

紛失がわかったときにはまず保険証発行元への連絡と、もう一つ警察への届け出をする必要があります。

保険証再交付手続きの流れ

なくした保険証を取り戻すためには、まず紛失をしたことを発行元に連絡をするとともに再交付のための手続きをしていくことになります。

国民健康保険の場合などは自分で直接地域の役所窓口に行くことになりますが、会社員や公務員のときには所属をする部署を通しての連絡になることもあります。

再交付を受けるときには警察への遺失物届け出の受理番号が必要になることもあるので、まずは警察に連絡をしてからということになります。

また国民健康保険の再交付請求をするときには本人確認のための書類(免許書・パスポートなど)が必要になることもあるので、直接窓口に行くときにはしっかり忘れずに持っていくようにしましょう。

基本的に再交付のために発行手数料などを取られることはなく、直接窓口に行けばその日のうちに交付を受けることができます。

会社員や公務員で所属部署を通さないといけない場合には郵送などで受け取ることもあるので若干時間がかかることもあります。

もし再交付までの間に病気や怪我をしてしまった場合はあとからしっかり手続きをして医療費の払い戻しを受けるようにしましょう。

CICへの本人申告も必要に応じて

もう一つ知っておきたいのがCIC(信用情報機関)への「本人申告」です。

本人申告とは、CICに対し直接申告情報を登録するという制度です。

CICは発行クレジットカードやローンの借り入れ・返済状況など金融に係る本人情報を取り扱うところです。

本人確認書類として機能する健康保険証は悪用されるとなりすましにより金銭の借り入れや与信を受けることがあります。

そこでCICへ「本人申告」をすることにより自分名義で不正な借り入れができないように、あらかじめ紛失した健康保険証のことを登録しておくということができます。

この登録情報は新たに金融機関で借り入れなどをしようとするときに必ず確認をされるものなので、本人申告により紛失した日時が登録されていることで与信のときに金融機関が参考にして判断することができます。

必ずしも行わなくてもよいものですが、もし紛失をした理由が盗難など不正利用が疑われる場合には念のためやっておくことをおすすめします。

一学生である私が勝手に日本の医療費に関することを調べていきます。