退職後の健康保険

退職をしたあとにとるべき手続き

会社に勤務をしていると社会保険を含む全ての手続きは社内の総務課やアウトーソーシングの社労士事務所などで管理をしてくれているので、自分が普段どのような制度に加入していてどのくらいの費用を支払っていたかということはほとんど意識することはありません。

それが何かのはずみで退職や失職をしてしまうとなると、全て自分の責任となってどっと降りかかってきます。

フリーターや契約社員など非正規雇用で勤務をしている人の方がそうした手続きを自分でやる分社会保障制度には詳しいなんてこともよくあるくらい、会社員や公務員という身分は組織によってしっかりと守られているものです。

そんな退職時に必要になる手続きの一つが健康保険の切替です。

会社勤務や公務員のときには加入する健康保険は独自に加入している「保険組合」「協会けんぽ」「共済保険」といったところが運営するものになっています。

しかし退職をするとその雇用契約が切れる翌日からはその保険から抜けた状態になってしまいます。

そのためもし手続きが遅れていると、その期間内に起こってしまった怪我や病気は完全に自費で医療費を支払わなくてはいけなくなります。

国民健康保険に加入していれば医療費負担は3割の自己負担ですみますので、できるだけ早めに手続をしておくことをおすすめします。

退職後に選べる健康保険

健康保険は通常であれば、在職中の健康保険から国民健康保険へ切替をするのが一般的です。

ですが健康保険に加入する方法は他にもあり、そのなかのどれかから自分の好きなものを選ぶことができるようになっています。

国民健康保険への加入以外で選べるのが「任意継続被保険者」もしくは「被扶養者になる」というものです。

「任意継続被保険者」とは、それまで加入していた協会保険にそのまま継続して加入をしつづけることができるという制度です。

継続加入をするためにはいくつかの条件はあるものの、その協会の制度を継続して受けたいということなら手続きをすることができます。

3つ目の「被扶養者になる」とは、すでにどこかの健康保険に加入している家族の扶養に入る手続きをすることにより、自分が加入したのと同じ保険証をうけとることができます。

どれにするかできれば退職する前にしっかりと決め、早めに手続をするようにしてください。

一学生である私が勝手に日本の医療費に関することを調べていきます。