健康保険のトラブル

国民健康保険加入者が知っておきたいこと

会社員や公務員として勤務をしていたり、そうした組織の属して健康保険に加入している人の扶養に入っている場合には手元に保険証を持ってはいてもそれがどういったしくみで行われているかということは案外知らなかったりするものです。

日本における国民健康保険制度は世界的にも珍しくきちんと機能をしている優秀な皆保険制度ですので、加入をしているからにはしっかりとそのしくみや利用範囲についての知識を備えておきたいところです。

会社員の方や公務員の方は逆に自分で加入状況を調べようとしても会社を通してのことになるため、どういった組織運営がされているか見えにくいということもあります。

保険料も自分で支払うのではなく基本的に給料からの天引きになりますから、自分が毎月いくら保険料を支払っているかということがわからないなんてこともあります。

会社ごとに加入している保険料の場合、国民健康保険のようにその人が支払わなくてはいけない金額が一律に決まっているのではなくその組合ごとに決められているのでできれば手引などを取り寄せて詳しく調べておくようにしたいですね。

国民健康保険の保険料に関するトラブル

国民健康保険は、自営業やフリーターなどどこかの組織に属せず自分で保険料を支払う人が加入するものです。

加入している人から集めた保険料で医療費の負担をしていくという制度となっており、その人の支払う保険料は本人の年収によって決まることになっています。

ただしこの保険料の料率は市町村によって独自に定められていることもあり、地域によっては非常に高い割合になってしまうところもあります。

保険料計算は前年度の年収からの計算となるため、突然に失職をしたり独立をした場合などは収入が低い一年間に前年の会社員としての年収ベースで請求されびっくりするほどの金額になったということもよくあります。

年収は段階別になっており、最高基準額に入ると年間で数十万円もの保険料になったりします。

無職で就職活動中に年間数十万もの支払いが来てしまっては非常に厳しいですから、そういったときには控除を受けることもできるようになっています。

案外この控除のしくみを知らず、まじめな人などは借金をしてでも保険料を払うなんてこともあったりします。

保険料の減額は各市町村の窓口で受付してくれているので、苦しい場合には一度相談に行ってみることをおすすめします。

国民健康保険では手続きに時間がかかることも

会社を辞めたり失職をしたときには、市町村の窓口で国民健康保険への切替を自分で申請しなくてはならないことになっています。

減額の申請をしたいというときも同様で、放置しておけば機械的に計算をした内容のまま請求がされることになります。

市役所や区役所は基本的にはウイークデイの5時くらいまでしか開いていませんので、他に仕事などをしているときには気をつけていないとなかなかその申請ができなかったりします。

自己都合で窓口の時間を延ばしてもらったり自分の手続きを早めてもらったりということはできませんので、できるだけ余裕を持って早めに申請をするようにしましょう。

一学生である私が勝手に日本の医療費に関することを調べていきます。