高額療養費とは

高額療養費制度についてここでは見ていきましょう。

高額療養費制度、聞いたことがない人ももしかするといるかもしれませんが、高額医療と名前を変えて話の中に出すこともありますが、高額医療は高額療養費制度のことでしょう。

高額療養費とは

この制度、どんな制度なのかというと、簡単に言えば、医療機関、薬局の窓口でお金を払った金額が月の最初から終わりまでで一定の金額を越えている場合に、その超えた金額を支払ってもらえるという制度です。

このとき、入院した場合の食費、差額ベッド費用は含みませんので注意してください。
たとえば、100万円の医療費がかかった場合、3割負担で窓口で30万円負担しなければいけませんが、負担に上限額が設けられています。
この上限額は、年齢によっても違いますし、所得によっても違います。
加入者が70歳以上なのか、加入者にどれだけの所得水準があるのかによっても違いがあるのです。
ですからもし上限が10万円だった場合は20万円は国が支払ってくれるので自己負担は10万円で済むというわけですね。

そしてそれにプラスしてもっと負担を減らすことができる仕組みもあるのです。
高額療養費制度では世帯合算、多数回該当という仕組みもあって、これを利用すればもっと最終的自己負担額が減る仕組みです。
世帯合算は一人の1回分の窓口負担では高額療養費支払い対象に該当しなくても、複数の受診、一緒の世帯にいる人のほかの受診で、窓口でそれぞれ支払った自己負担額を1ヶ月単位なら合算可能なのです。
その合算した金額が一定の金額以上になった場合には、高額医療費を支給してもらえるという仕組みです。

この高額医療費をサポートする限度額適用認定証というのもがあります。
次のところで限度額適用認定証については詳しく紹介していきますが、これを見せることによって支払いそのものが限度額の範囲で済むように下げることができるのです。

知らないと損をするような医療費の仕組みがここで1つわかりましたよね。そんな制度があったんですね。高額な医療費を支払うことになると負担が大きく困りますが、この制度を利用すれば、一定額支給されるので安心して医療を受けることができますね。

一学生である私が勝手に日本の医療費に関することを調べていきます。