アメリカ合衆国

諸外国の医療費の中でも、アメリカ合衆国の医療費が日本に比べてとてつもなく高いというのはよく知られている事実です。
そのため日本人がアメリカに移住したり観光などで偶然医者にかかることがあったときなどに、その医療費の高さに驚く人も多いです。
いくら高いと知っていても、これほどまでに高いとは…と桁違いの高さに呆然とするケースもあります。

まずアメリカで医療費が高いものとして知られているのはやはり入院費です。
純粋な部屋代だけでも1日の入院で10万円も20万円もかかるケースも普通にあるため、できるだけ最短の日数で、日本では考えられないような短期間で入院を切り上げて退院してくる人が多数です。
日本の場合は保険によって入院1日いくらから、などのお金がもらえるものもあり、また1日の入院費はアメリカに比べて安いです。
そのため日本では出来る限り安静にしておいた方がよい期間を入院期間として退院日を決めるものですが、アメリカでは治療が終わって少しでも動けるようになったらすぐに退院するというのが常識と言えるのです。

ここまで値段が高いのには複数の理由があります。
まず、病院に勤務している職員が日本よりも多く、そのため1人の診察や診療にかかる人件費が高くなり、結果として医療費が全体的に高くなります。
その分手厚い保障と言えますが、それだけお金がかかるため、保障とお金とが比例していることがわかります。
次は訴訟大国アメリカならではの理由で、医療ミスなどのミスが起こり訴訟されてしまうことを防ぐため、過度とも言える治療や診療を施すために高いお金を取っていることです。
必要最低限の費用で治療を受けた場合、万が一何かあって訴訟を起こされてしまっては医者にとっては大きな損害です。
そのため、あらかじめ手厚い治療を施すための金額で見積もり治療を施し、可能な限り万が一のミスが起こらないようにしているというわけです。
その他にも、そもそも日本のように点数による金額の設定がされていないため、医者が自由に金額をつけられるという背景もあります。

こうした医療費の高さに加えて、アメリカは保険への加入もかなりのお金が必要です。
そのため、保険に入るだけのお金があればよいですが、保険に入ることができない人というのもたくさんいます。
社会保険制度が整っていないため、実費で入る保険に頼ることが多く、これがなければ高い医療費を全負担しなければいけません。
保険に入っていても全額降りるかわからないほどの金額のところで、保険なしで病院にかかるととてつもない金額になってしまうという、アメリカの医療費の一番の問題は保険に入れない人たちが一番の負担を受けていると言えるでしょう。